地味だけど印象が変わる美容整形

JIMIKEI

正しい舌の位置がわからない悩みが一瞬で解決!『○○』で簡単にわかる正しい舌位置

【トレーニング】舌位置

投稿日:

『正しい舌の位置』、知ってますか?

上顎前突(出っ歯)・開咬(奥歯をかみしめても前歯が当たらない状態)を治療するため、一年前に歯列矯正を始めました。
治療開始前は、常に前歯の裏に舌が触れている状態
正しい舌の位置を意識することなく過ごしていました。

決して安くはない金額を出してせっかく歯列矯正をするわけですから、これを機に前歯を押し出すような舌癖ぜつへきを改めようと試みたのですが…
これがなかなかうまくいきませんでした。

舌が前歯に常に触れている状態は直したものの、長年この状態が普通だと思っていたのでそもそも正しい舌の位置がわからないんです。
どうやら舌全体が上顎についている状態が正しいらしい、というところまでは理解できました。
ただ、舌全体を上顎につけた状態をキープすることがどうしてもできないのです。
それどころか、間違った位置に舌を置いているせいか舌の痛み・喉の乾燥・頭痛等に悩まされるようになりました。

歯列矯正を始めてからの一年間、様々な方法を試しては挫折していたのですが…
先日Twitterで流れてきた歯科衛生士さんのツイートで正しい舌の位置を理解することができました。

正しい舌の位置を意識して過ごすようになって驚いたのが、舌位置は健康だけでなく美容にも大きく影響するということです。
正しい舌の位置を意識すると、二重顎も解消される
この二枚の写真は同日に撮影したもので、違いは舌の位置だけ
舌を正しい位置に置くだけで、フェイスラインにこれだけの変化があるんです。
すごくないですか…!?!?

 

「正しい舌の位置がわからない」

「正解はわかるけど、舌が疲れてとてもキープできない」

という方にこの画期的な方法をシェアしたい!ということで記事にまとめてみました。
正しい舌位置がわからず困っている方は一度試してみてください。

スポンサーリンク

歯科衛生士が教える正しい舌位置キープの方法

わたしが正しい舌位置を知るきっかけとなったのは歯科衛生士の高見澤亜衣@aitakamy)さんのこのツイートです。

この方法を試しただけで、正しい舌の位置を一瞬で理解することができました。
正確に言えば、歯列矯正中なのでガムも噛んでいません。
ガムを押さえるようにイメージしながら舌を置いたただけで、正しい舌の位置がわかりました。

すごく感動したので、まずは一度試してみていただきたいです…!

 

【実践編】舌位置を無理なくキープする方法

舌位置がわからない人の多くは、そもそも正しい舌位置をキープし続ける筋力がついていないはずです。
わたしも気が抜けるとすぐに舌が落ちてきてしまいますし、結構すぐ疲れちゃいます。

無理なく習慣づけするため、わたしは家にいる間『ん』で鼻歌を口ずさむようにしています。
意識しすぎることなく舌の位置をキープできるので、わりと良い方法なんじゃないかなと思っています。
(家でしかできないのが最大の難点ですが)

 

舌が正しい位置にないとさまざまな悪影響が

そもそも、なぜ舌を正しい位置に置く必要があるのでしょうか。
間違った舌の位置は、歯並びだけでなく健康・美容にも悪影響を及ぼします。

 

歯並びへの悪影響

  • 出っ歯
  • 開咬かいこう
  • 叢生そうせい
  • 受け口

舌の筋肉の力は私たちの想像以上に強いものです。
舌が正しい位置に置けず、下がっていたり前歯を押し出すような状態になっていると、受け口開咬の原因になります。

また、正しく舌を置くことで舌の力で上顎が押し広げられるため、上顎のスペース不足が原因で起こる出っ歯叢生(凸凹)などを予防することにも繋がります。
上顎のスペース不足は、滑舌にも大きく影響します。

 

健康への悪影響

  • 口呼吸
  • 歯周病・虫歯
  • 口臭

舌が上顎についていないと口呼吸になりがち。
口呼吸になると口腔内が渇き、口臭の原因となります。

また、舌の筋肉の働きが弱いと唾液をつくる唾液腺も衰え、歯周病虫歯になりやすくなってしまいます。

 

美容面への悪影響

  • 顔のたるみ・歪み
  • 肌のくすみ

正しい舌位置をキープできない原因は、舌周りの筋力の衰えが関係しています。
これは顔全体の筋肉のバランスにも影響するため、顔の歪みに繋がります。

また、二重顎やフェイスラインのたるみの原因にも。

舌を正しい位置に置くと、首や顎がすっきりします

舌の位置で変化するフェイスライン

その他、リンパ節が刺激されることで老廃物を排出して、シミやくすみの改善にも繋がるとか繋がらないとか。
正しい舌位置の美容面への影響はこちらの記事が参考になったので、気になる方はチェックしてみてください。
参考そのたるみ、舌が原因かも?“舌”を正しく動かして表情美人に! |belta piu|ライスフォース<公式>オンラインショップ

 

まとめ

長年の習慣を改めるのは簡単なことではありません。

無理なく正しい舌の位置をキープする方法は習得したものの、気が抜けるととついだらっと舌の力が抜けてしまいます。
意識せず舌を正しい位置に置けるようになるまでには、まだまだ時間が必要なようです。

厳密に言うととっくに成長期は終えているので、今後骨格に大きな変化がみられることはないと思いますが…
常に正しい舌位置をキープすることで、すこしでも健康面・美容面に良い影響があれば嬉しいです。

 

今回ご紹介した舌位置キープの方法を提唱している歯科衛生士の高見澤亜衣@aitakamy)さんは、舌位置だけでなく歯や口元のケアについて幅広くツイートされています。
興味がある方はぜひフォローしてみてくださいね。

-歯列矯正(インビザライン)

Copyright© JIMIKEI , 2019 All Rights Reserved.