地味だけど印象が変わる美容整形

JIMIKEI

【インビザライン】治療経過(1年目)

投稿日:2019年2月6日 更新日:

2018年初夏にインビザラインで歯列矯正を始めました。
治療を開始して約一年。
再作成したアライナーもすべて消化したので、経過を振り返りながらインビザライン治療一年目の感想をまとめました。

スポンサーリンク

インビザライン(歯列矯正)による歯並びの変化

インビザライン1ヶ月目

インビザライン(歯列矯正)1ヶ月目歯並び

ワイヤー矯正経験者だったからか、インビザライン開始時は強い痛みを感じることはありませんでした。
画像を見ても大きな変化は見られません。

 

インビザライン2ヶ月目

インビザライン(歯列矯正)2ヶ月目歯並び

画像向かって右側の下顎2番はだいぶ起き上がってきた印象です。

上顎は奥歯から後ろに動かしているので、前歯はまだ動いていません。
ただ、一時期噛みしめるとぐらつく感じがあったので、おせんべいなどの硬いものは控えていました。

 

インビザライン3ヶ月目

インビザライン(歯列矯正)3~4ヶ月目歯並び

開始2ヶ月後(9枚目)にインビザラインを始めてから初の検診がありました。
頻繁にクリニックまで足を運ばなくていいのがインビザラインのメリットだと実感…!
アライナーの浮きなどもなく、順調とのことで安心しました。

 

インビザライン4ヶ月目

インビザライン(歯列矯正)3ヶ月の変化

約三ヶ月間でこんな感じの変化になりました。
元々下顎は上顎よりはやく完成予定だったので、15枚目ですでに完成済み(これ以上動きがない状態)です。

とはいえ、動ききらなかった部分がありアライナーの浮きも…

下顎は仮完成、しばらくは上顎の動きも正面からは確認できないので記録はストップしています。

 

インビザライン8ヶ月目~9ヶ月目

その後、他院で虫歯治療を受けてアライナーの浮きが目立つようになったので29枚目で一度ストップ。
再作成することになりました。

インビザライン9ヶ月目の変化

 

インビザライン13ヶ月目

インビザライン1年目の変化

8~9ヶ月目で再作成したアライナーを消化しました!
かなり浮きがでているため、アライナー通りに動いていない部分も結構あります。

ただ、歯列矯正開始直後の画像と比較すると上の歯と下の歯の距離が近付き、開咬(オープンバイト)がかなり改善されていることがわかります。

インビザラインで歯のアーチ・オープンバイトが改善

 

インビザライン治療1年目の感想

インビザラインは自己管理が重要な治療方法です。

正直、目に見える変化が少ない時期は「しんどいな…」とくじけそうになったこともありました。
動きだしたら結構あっという間なんですけどね、それまでのつらい期間のモチベーションをどう保つかが課題だなあと思います。

不安や疑問をその都度解消してくれるクリニックの先生・歯科衛生士さんのサポートがあったからこそ、一年間継続することができたと思っています。

これから再々作成が控えていますが、まだまだ続く治療にも前向きな気持ちです。
インビザライン二年目、さらに美しい口元を目指してがんばっていきたいと思います~!

-歯列矯正(インビザライン)

Copyright© JIMIKEI , 2019 All Rights Reserved.