地味だけど印象が変わる美容整形

JIMIKEI

ボトックス注射は、メスを使わずに

  • 表情ジワ
  • 発達した筋肉
  • たるみ
  • わきが・多汗症
  • 毛穴

を改善させる施術です。

スポンサーリンク

ボトックス注射とは

ボツリヌストキシンによって筋肉の麻痺を起こす注射

ボトックス注射は、ボツリヌス菌から抽出されたたんぱく質の一種であるボツリヌストキシンによって一過性の筋肉の麻痺を生じさせる注射です。

ボツリヌス菌の毒素を精製しているため、ボトックス注射によって体内にボツリヌス菌が入ることはありません。

 

ボトックスの効果

ボトックスを注入することで神経に情報を伝える物質の分泌が抑えられ、筋肉の収縮を弱めます。

目尻の笑いジワや眉間のシワは、筋肉が収縮を繰り返すことでできるものです。
筋肉の収縮が弱まることで、年齢を感じさせるシワや不機嫌そうな表情を改善することができます。

また、皮膚細胞が活性化されるため、小ジワや毛穴の開きなども目立ちづらくなります。

最短で、注射後約2~3日からすこしずつ効果が見え、約1ヶ月ほどで効果を実感することができます。

 

ボトックスの種類

日本のクリニックでボトックス注射に使用されている製剤は複数あります。

製剤
(製薬会社)
FDA認可 厚労省承認
ボトックスビスタ
アラガン社(米)

ディスポート
イプセンン社(英)

-
ゼオミン
メルツ社(独)

-
リジェノックス
ヒューゲル社(韓)

※KFDA
-
ディスポート
イプセンン社(英)

-
ニューロノックス
メディトックス社(韓)

※KFDA
-

ボトックスビスタ
画像出典:https://www.allergan.jp/ja-jp/home

多くのクリニックで採用されているポピュラーな製剤は、世界シェアNo.1のボトックスビスタ(アラガン社)。
原産国であるアメリカのFDA認可・厚労省の承認を国内で唯一取得しています。

日本の厚生労働省にあたるアメリカの機関

まれに、ボトックスに対して抗体ができ、効果がでにくくなることがまれにあります。
ボトックスビスタは効果の持続期間が長いため、からだに抗体ができづらいことが特徴です。

 

ボトックスの持続性・ダウンタイム・副作用

持続性

持続期間は4〜6ヶ月程度で、効果は徐々に弱まります。

 

ダウンタイム

同じく顔痩せができる脂肪吸引と比較すると、ダウンタイム(腫れや内出血)はほとんどない施術です。

 

副作用(リスク)

注射針を使用して施術をおこなうため、注入部分に内出血・発赤・腫れ・痛み・つっぱり感・熱感、硬結を生じることがあります。
まれにアレルギー・感染・痺れ・倦怠感・頭痛・筋肉痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱・咳・冷や汗・胸痛・アナフィラキシーショックなどを生じることがあります。

 

ボトックスで改善できる悩み

年齢を感じさせるシワ

  • おでこ(額)
  • 目尻

眉毛を上げる筋肉によってできるおでこのシワや、笑った時にできる目尻のシワの改善

 

不機嫌そうにみえる表情

  • 眉間
  • 口元

不機嫌そうにみえる眉間のシワや下がった口角の改善

 

発達しすぎた筋肉

  • エラ(顎)
  • ふくらはぎ

咀嚼によって発達したエラの張りや、ふくらはぎや肩の筋肉の改善

 

肌の悩み(毛穴・小ジワ・にきび)

微量のボトックスを皮膚の浅いところに注入して筋肉の表面繊維の働きだけを弱め、総合的に肌を改善

 

垢ぬけないパーツの悩み

  • 小鼻

垢ぬけない印象がでる顎の梅干しジワや小鼻の広がりを改善

 

わきが・多汗症

  • わき
  • 手のひら
  • 足の裏

過剰な汗の分泌を抑え、多汗症の症状を改善

 

ボトックス注射の料金

使用する製剤やクリニックによって料金は異なります。
施術を検討しているクリニックの公式サイトから料金をお確かめください。

管理人は湘南美容クリニックで『顎の梅干しジワ(8,800円)』『ガミースマイル(16,200円)』『小鼻(16,200円)』にアラガン社のボトックスビスタを注入しています。
https://www.s-b-c.net/

顎の梅干しがなくなるとだいぶ垢抜けた印象になるので、歯列矯正で上顎の前突(出っ歯)が治るまでは顎のボトックス注射は継続していく予定です。

 

投稿日:2018年12月4日 更新日:

Copyright© JIMIKEI , 2019 All Rights Reserved.